gleich zum inhalt springen

天王寺区の太陽光発電設置の取り組み

日本における大都市圏と言いますと、関東地区と関西地区に大きく分けられ
ますが、最近は日本各地で電力事情が大きく取り正される中において
関西地区における出力の供給について黄色信号がともり出しています。
そしてこれを受けて民間企業や一般の家庭においても防衛する手だてとして
節電を行うことや、電力を自ら作り出す取り組みもスタートしています。
その中で具体的にスタートしているのは、太陽光発電を用いたものでして
大都市においてはビルの陰などになり日の当たりが悪くなる事もあるのですが、
高層ビルは屋上に設置したり、或いは一般家庭においては日当たりの良い
方向に設置するなどして工夫を行い対応しています。
大阪の天王寺区においては各種の再開発なども進んでいる街なのですが
エネルギー消費の観点からも街づくりを工夫するなどして対応を図って
きています。
これからの街づくりはこの様に周囲の景観とあわせて、環境面に対しても
配慮しながら行う必要が有ります。