gleich zum inhalt springen

大阪での太陽光発電の導入について

近年、企業や個人家庭による汚水の流出による環境破壊が問題となっています。
また、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を原因とする地球温暖化も深刻化しています。
そこで、世界各国で温室効果ガスの排出量規制が行われており、日本でも温室効果ガスの排出規制のための政策が実施されています。
この一環として、国や自治体では、以前のエネルギーにとって代わる新エネルギーシステムとして太陽光発電システムの導入を進めています。
太陽光発電は、太陽の熱を電力に変える発電方法で、発電時に二酸化炭素を発生させないため、地球温暖化防止に役立ちます。
大阪市でも、家庭での住宅用太陽光発電システムの導入を進めています。
ただ、そのシステムの設置には多額のコストがかかってしまいます。
そこで、国や大阪府、大阪市ではその設置に際して補助金制度を創設し、その費用負担を軽減して、さらなる太陽光発電システムの導入を進めています。
この補助金制度を利用して住宅用の太陽光発電システムを設置した家庭は多くあり、その申請数は予算枠をオーバーしました。
このように大阪に住む人たちの太陽光発電システムに対しての関心は広まってきています。
また、大阪市では、その市の持っている空き地に大規模太陽光発電所を建設するための計画も立てています。
電力事業を行う会社に対して、空き地を供給することで、さらに太陽光発電を利用し、近年の節電要請にこたえ、また、地球温暖化を防止することが狙いといえます。
このように、自治体を主体として、太陽光発電は、今後ますます普及していくでしょう。