gleich zum inhalt springen

太陽光発電の大阪での広まり

最近では、新たな電力の発電方法として、太陽光発電が注目されています。
この発電方法は、ソーラーパネルに太陽光を当てることで電力を発生するものです。
通常の発電方法の場合だと、天然資源の利用が必要となりますが、太陽光発電では、そのような資源は不要です。
さらに、発電時に二酸化炭素などの有害物質の発生もないため、非常に環境に配慮した発電方法だと言えます。
そして、この太陽光発電を利用している家庭や企業が大阪で増えてきています。
たとえば、個人宅において一戸建ての場合だと、その屋上にソーラーパネルを設置して、太陽光発電を行っている家庭があります。
新築一戸建てを検討する際にもソーラーパネルの設置を勧められることが多いと思います。
その理由としては、屋上というデッドスペースを有効利用できることが挙げられます。
また、昼間に発生させた電力は、夜間に使用できるため、電気代の節約にもなります。
さらに、余った電力は電気会社に売却することもできるため、家計にやさしいともいえます。
そして、一戸建ての場合だけでなく、最近大阪にあるマンションでは、建物の屋上部分にソーラーパネルを設置して太陽光発電を行い、その発生した電力は共用部分の電気使用に用いるというところもあります。
このような利用の仕方だと、マンションの共益費用負担が少なくなるため、住人にとっても良いシステムだといえます。
さらに、一般家庭だけでなく、大阪にある企業においても、太陽光発電が導入されつつあります。
たとえば、会社の建物の屋根を利用してソーラーパネルを設置することもあれば、空いている土地を利用してソーラーパネルを設置しているところもあります。
このようにして太陽光発電を行っている企業は、エコ企業に認定されるため、社会に貢献しているとして評判も良くなっています。
原子力発電の抑制に伴い、節電が要請されているので、その電力不足を補うためにも積極的に太陽光発電を利用していきたいものです。