gleich zum inhalt springen

大阪の暑い夏に向けて太陽光発電を設置しよう!

東日本大震災が起きて以来の電力不足で、大阪の夏は大変つらいものになっていますね。
震災により福島の原発事故が起きた当初は、東京電力に関西電力から電力を融通するなんて話が出ていたというのに、なぜか立場が逆転したような感じさえあります。
東京電力管内はどうにか賄えているのに、関西電力管内はカツカツの状況です。
各地の原発が稼働停止されている影響は測り知れないものがありますね。
もっとも、エネルギーは安全性が高いに越したことはありませんから、ここは1つ、自然の力を使って、自助努力で電気を供給するシステムを備えるしかないでしょう。
太陽光発電は太陽光を使って電気エネルギーを作り出す、安全で環境に優しいシステムです。
人体に危険を及ぼすような装置ではありませんし、電気を作るにあたって火力発電のようにCO2を発生しないため、地球温暖化防止に役立ちます。
何より、暑い夏、太陽がカンカン照りのときほど威力を発揮してくれます。
電力不足や突然の停電を恐れて、エアコンを我慢する必要がなくなるのです。
節電といえば聞こえがいい感じがしますが、年々、温暖化する日本の夏の猛暑日にエアコンを我慢して体にいいはずがありません。
熱中症にならないまでも、確実に体力が奪われ、秋口になって体調を崩す人も続出しているようです。
そんな健康不安に陥らないためにも、自己防衛、家族のために太陽光発電で、環境に優しく、家族に優しい電気を確保したいものです。
太陽光発電システムにより、たくさん電気が作れたときは、関西電力に売電することができます。
これにより、自分たち家族だけでなく、電力不足におびえている地域住民や企業に電気を分けてあげることができるんです。
しかも、売電収入が得られ、1kwあたり42円の高額で買取をしてもらえます。
自分たちの暮らしが快適になり、家計も潤って、しかも、地域の人たちの力にもなれ、環境保護にも貢献できる、まさにいいとこ尽くしです。